靴 おしっこ

MENU

靴についたおしっこの臭いを消す方法はこちら

靴についたおしっこの臭い

愛するペットちゃんが靴におしっこをかけてしまい、臭いが気になってしまったことはありませんか?

 

買ったばかりの靴だったり、お気に入りの靴だと、悲しくてしょうがなくなりますよね。また、ペットちゃんがマーキングのためのおしっこをかけた場合、普段よりも濃いため、臭いが中々とれないということもあるんです。

 

そんな愛するペットちゃんのが粗相してしまった靴の臭いを消すための洗い方をご紹介します。

 

といってもこの方法は一般的なスニーカーや上履きなどにおすすめであり、革靴や高級なスニーカーなどには向きません。ですので、大事な靴の場合は靴のクリーニングに頼むことをおすすめします。

 

大事な靴のクリーニングはプロにまかせよう

 

洗剤で漬け置きしてゴシゴシと洗う

まずは洗濯用洗剤を入れたぬるま湯に3時間ほど付け置きし、ごしごしと洗ってください。これを2回繰り返します。

 

洗った靴を日陰で完全に乾かす

次に日に当たらない風通しの良い日陰でしっかりと乾かしましょう。湿ったままでは黄ばみになりやすいので注意します。

 

臭いが取れないなら消臭スプレーを吹きかける

ここまでで、臭いがとれないのなら、消臭スプレーをふきかけます。このような順で靴についたおしっこの臭いを消していきます。

 

更に重曹を試してみる

何にでも使える万能な重曹は臭い消しにも役に立ちます。ぬるま湯に重曹を溶かし、付け置きしてみるのもいいでしょう。

 

完全に臭いがとれない場合もある!

上記の手順に沿って靴を洗ってもどうしても臭いが残ってしまう場合もあります。やはり動物の尿の臭いはきついため、完全に元の状態に戻すのは中々難しいこともあるでしょう。

 

臭いがとれたと思ったはずなのに、靴を履いていると中の温度が上がって雑菌が繁殖してしまい、また臭いが蘇るという問題もあります。その点を考慮したうえでおこないましょう!

 

革靴は洗うのが難しい!

靴によって洗うのが難しいものもあると思います。特に革製品の靴は洗うことで型崩れや色落ちを引き起こしやすいので、あとで取り返しのつかないことになりやすく、洗うのはタブーと言われています。

 

洗わないまでにはいかなくとも、水拭きだけではおしっこのニオイなどは全くとれない可能性が大きいです。

 

最終手段は靴専門のクリーニング屋さんに頼む!

そこまで愛着のない靴だった場合は捨てればいいかもしれませんが、もし大事な靴だとして、どうしても臭いをとりたいのならプロにまかせるべきです。

 

ビジネスシューズやハイヒールやスニーカーなど、基本的にどのタイプの靴でもしっかりと丸洗いしてくれて、消臭、除菌、汚れを96%以上落としてくれます。

 

全国対応ですし、パソコンやスマホからの申込で、自宅に引き取りにきてくれるのは魅力的なサービスですね。

 

もし、しっかりと靴に付いた尿の臭いを消すなら、靴のクリーニングを試す価値があるでしょう!

 

靴のクリーニング店丸洗いの全国宅配「くつリネット」


inserted by FC2 system